理学療法に関するよくある質問

衝撃波治療は有効ですか?

A: 本研究の結果から、体外衝撃波療法は、足底筋膜炎、肘腱障害、アキレス腱障害、回旋腱板腱障害などのさまざまな腱障害において、痛みの強度を緩和し、機能性と生活の質を向上させるのに効果的なモダリティです。

衝撃波療法の副作用は何ですか?

A: ESWT による副作用は、治療部位の軽度のあざ、腫れ、痛み、しびれ、うずきに限定されており、外科的介入と比較して回復は最小限です。「ほとんどの患者は治療後 1 日か 2 日休みますが、長い回復期間は必要ありません」

どのくらいの頻度で衝撃波治療を行うことができますか?

A: 衝撃波治療は通常、結果に応じて週に 1 回、3 ~ 6 週間行われます。治療自体は軽度の不快感を引き起こす可能性がありますが、4〜5分しか持続せず、強度を調整して快適に保つことができます